下北です。

最近、操体法という治療法にハマっています。

操体法とは、橋本敬三医師が作った治療法であり、健康増進法です。

その操体法の考えの中で「生きていく上で、他人に代わってもらえない行為、自分で責任を持たなければならない行為」の事を「いのちの基本的要件」としています。

いのちの基本的要件とは、

息ー呼吸をする事(呼吸の仕方)

食ー食べること(食べ方)

動ーからだを動かす事(体の動かし方)

想ー想うこと(心の持ち方)

の四つと自分を取り巻く環境があります。

これらは相関・相補しあい、各々が自然法則に則り自分自身の手によってよりよく保たれることが健康の基本なのだという考えです。

以前、投稿した理学療法シュロス法もそうでしたが、やはり基本は呼吸、そこに身体の動きなどの五快があり、人は健康を保つ事が出来るのだと私は思います。

鍼灸治療等をする事で呼吸を整え、身体が治りやすい土台を作っていきましょう!

Follow me!

おすすめ:

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP