最近、コロナワクチン接種後の患者さんを何人か診させていただいたのですが、その中でも特徴的な身体症状がある方がおられました。

その方は左肩(コロナワクチン接種側)の肩こり・強い頭痛を訴えてきました。

正確には左の側頸部から肩関節にかけて腫脹し静脈が浮き出て斜角筋群辺りが緊張するという形で腕にも軽い痺れがありました。

先ず、鍼治療を行い全体的な身体の緊張は取れましたが、前述の肩の腫れと緊張は大きく変化がありませんでした。

そこで、局所的に腫れがひくように鍼を刺しましたが半分程度しか腫れは減らなかったのですが、患者さん本人は肩こりも頭痛もほとんど感じないとのことで、局所への刺激が多くなってしまった事もあり「おそらく翌日左肩がしんどくなるかもしれませんが調子悪くなったらすぐにご連絡してください。」と伝えて帰っていただきました。

その後、翌日はかなりダルくなったが翌々日はかなり身体が楽になりその後も調子が良いです。という報告してくれましたが、その肩はやはり腫れておりワクチンの副反応の根深さを感じました。

これから打つ方、打った後のしんどさが今も残る方いつでもご相談ください。

お待ちしております。

Follow me!

おすすめ:

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP