どうも殿村です。
もうすっかり冬ですな。

もうすぐウチの娘が誕生日です。
生まれる前の事を思い出します。

院長の下北氏は学校の先輩であり家族共々親交があります。

ここではあえて下北氏。
と表現しましょう。

当時うちの嫁さんは出産予定日を過ぎていました。
そこでアタフタMAXの私は下北氏を呼んで
「治療して出してあげてよ(泣)」
と言うと
来てくれ嫁さんを治療してくれました。

※自分の嫁さんだから自分で治療してやれよ。と思うかもですが無理です(笑)ソワソワ感で平常心でいられないから(汗)

治療後、お印がでました。

数日後二度目の治療で
陣痛が起こりました。

「下北氏やべえな、この人、すげえな。」とドン引きしました。

付き合いは長いですがあの日ほど
尊敬した日はありません(笑)
→今でも尊敬してますよ。

そこから陣痛が強くなり
下北氏の車、通称シモカーで病院に搬送。
無事出産という経緯があり
夫婦ともに感謝いっぱいのエピソードです。

しかし生まれてきた娘は
下北氏の笑い声が怖いようで
ギャン泣きします。

下北氏。。。。

もし、そういう方いらしたら
出産立会鍼灸師 下北氏を呼んでみたらいかがでしょうか?

Follow me!

おすすめ:

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP