当院では一人一人にあったオーダーメイド治療を患者様へ提供させていただいております。

仮に腰痛症の方がいらっしゃったとして、その症状が現れた原因は人によって変わってきます。

例えば、血流が悪く冷えいたり、痛めて熱くなっていたり、事故や手術によって身体に歪みが出ていたり、仕事で同じ姿勢をしていたり、内臓に負担がかかっていたり、精神的に負担があり自律神経を失調していたりなど色々な原因が考えられます。

このような方へ単に腰を痛めているからといって同じように腰に鍼灸治療を行っても、仮にその時は調子が良くなっても同じ症状で困ることになります。

ですので、当院では身体の状態を聞き、東西医学的な診察(理学テストや脈やお腹、背中、ツボの反応など)を行い、治療を行っていき場合によってはご自身で行うケアもご提案させていただいております。

鍼灸施術の目的

鍼灸施術の目的の前に健康のバロメーターである五快という言葉はご存知でしょうか?

それは快眠・快便・快食・快動・快重です。

これらがしっかり行えていると基本的に健康であり自然治癒力が発揮しやすいと考えております。

当院では、現在ある症状と共にこの五快の改善を目的としております。

鍼灸施術の作用
鍼灸は身体に刺激し、生体に機械的刺激を与え、それによる生体機能を利用し、生活機能の変調を矯正し、疾病の治療または予防をに応用する施術です。

(1)調整作用 疼痛や痙攣に対して鎮静作用 知覚の鈍麻、運動麻痺に対して興奮作用
(2)誘導作用 患部や遠隔部に鍼灸をし、充血を起こし血量を調節する作用
(3)反射作用 生体の有する反射気転を通して、組織、器官の機能を亢進、抑制するこし血量を調節する作用
(4)消炎作用 施術により白血球は増加し、生体の防疫能力を高める作用
(5)防衛作用 網内系機能を高め、白血球を増加させ治癒機能を促進させ、防疫能力を高める作用 
(6)転調作用 アレルギ-体質などを改善させる作用

使用する鍼などについて

①ごう鍼

当院で使用する鍼は髪の毛ほどの細さの鍼で、刺すときの工夫により個人差はありますがほぼ痛みはありません。

さらに、一回の施術でそのまま廃棄するディスポーザブルの鍼を使用しております。

②てい鍼

刺さない鍼です。

過敏な方、お子様などに使用することがあります。

③灸

艾(もぐさ)を米粒の半分ぐらいの大きさにひねり、その艾に点火し、その熱によって温熱刺激を与える治療法です。

火傷を作ることが一番効果は高いですが、お伝えいただければ完全に燃焼せず八割ほど燃やして効果を出すことも可能です。

施術の流れについて

①問診

「発症時期」「経過」
「あなたのお仕事」
「あなたの病歴」
「家族の病歴」
「随伴する症状」
「嗜好」「服薬歴」
などをしっかり伺って、診断の方向性を定める土台にします。

②脈診

あなたの脈から
「六臓六腑の現状」
「身体の状態」
「病の深さ」「病の種類」
「病の勢い」「病の経過」
など、今現在の身体の中の様子を精確に診ることができます。

③触診による反応

あなたの手足の経絡やお腹や頚、頭を
押さえて
「六臓六腑の状態」
「六臓六腑の反応の強さ」
「血流」「炎症」「緊張」
「六臓六腑の虚実」
「六臓六腑の反応」
を診断します

④治療

その症状、身体の状態に沿った治療を提供します。

我々の身体にはケガや風邪などを自ら治す力(自然治癒力)があります。その自然治癒力がうまく働かない状態を改善し、身体を整え自然治癒力の働きやすい状態を作るために症状のないところを治療することが最善である場合があります。

あらかじめご了承ください。

⑤確認

治療後のお身体の状態をみせていただきます。

場合によって追加で治療を行う、または自宅でできる養生法などをご提案させていただきます。

鍼灸の適応症

一般に、鍼灸療法は肩こり,腰痛、神経痛、関節炎ぐらいにしか効果が無いように思われがちですが、多くのつらい症状や病気に効果があります。

鍼灸の適応例

最近、NIH(米国 国立衛生研究所)の見解として鍼灸療法の各種の病気に対する効果とその科学的根拠、西洋医学の代替治療として効果について有効であると発表しました。
鍼灸療法で有効性がある病気には、次ぎのものがあります。

【神経系疾患】 ◎神経痛・神経麻痺・痙攣・脳卒中後遺症・自律神経失調症・頭痛・めまい・不眠・神経症・ノイローゼ・ヒステリー 

【運動器系疾患】 関節炎・◎リウマチ・◎頚肩腕症候群・◎頚椎捻挫後遺症・◎五十肩・腱鞘炎・◎腰痛・外傷の後遺症(骨折、打撲、むちうち、捻挫) 

【循環器系疾患】 心臓神経症・動脈硬化症・高血圧低血圧症・動悸・息切れ 

【呼吸器系疾患】 気管支炎・喘息・風邪および予防 

【消化器系疾患】 胃腸病(胃炎、消化不良、胃下垂、胃酸過多、下痢、便秘)・胆嚢炎・肝機能障害・肝炎・胃十二指腸潰瘍・痔疾 

【代謝内分秘系疾患】 バセドウ氏病・糖尿病・痛風・脚気・貧血 

【生殖、泌尿器系疾患】 膀胱炎・尿道炎・性機能障害・尿閉・腎炎・前立腺肥大・陰萎 

【婦人科系疾患】 更年期障害・乳腺炎・白帯下・生理痛・月経不順・冷え性・血の道・不妊 

【耳鼻咽喉科系疾患】 中耳炎・耳鳴・難聴・メニエル氏病・鼻出血・鼻炎・ちくのう・咽喉頭炎・へんとう炎 

【眼科系疾患】 眼精疲労・仮性近視・結膜炎・疲れ目・かすみ目・ものもらい 

【小児科疾患】 小児神経症(夜泣き、かんむし、夜驚、消化不良、偏食、食欲不振、不眠)・小児喘息・アレルギー性湿疹・耳下腺炎・夜尿症・虚弱体質の改善 

上記疾患のうち「◎神経痛・◎リウマチ・◎頚肩腕症候群・◎頚椎捻挫後遺症・◎五十肩・◎腰痛」は、わが国においては、鍼灸の健康保険の適用が認められています。


鍼灸院情報

所在地

〒562-0044

大阪府箕面市半町3-13-47ライオンズマンション箕面桜井107

Googleマップでみる

TEL:050−1042−8469

Mail:tom89minoh@gmail.com

PAGE TOP